アップデート履歴

スタディサーバ for Web Ver.3(V3.0A)

ダウンロード

V3.0A スクールライセンス アップデートファイル
バージョン公開日ダウンロードファイル
V3.0A 2008/5/23 ダウンロード
pdf形式:23.8MB

※アップデートを行う前に必ず「アップデート内容」をお読みください。

V3.0A Windows Server 2008 インストールマニュアル
バージョン公開日ダウンロードファイル
V3.0A 2009/12/09 ダウンロード
pdf 形式:2,504KB

※ V3.0A を Windows Server 2008 にインストールする際に使用してください。

※ V3.0 は Windows Server 2008 にはインストールできません。

ページトップへ

アップデートファイル概要

Windows版
  • 本アップデートファイルを実行すると、バージョン3.0Aとなります。
  • アップデートを行う前に必ず現在のバージョンを確認ください。

ページトップへ

アップデート手順について

Windows版
  • アップデートファイルをダウンロードし、適当なフォルダ(c:¥tempなど)に保存して下さい。
  • ダウンロードしたファイルをダブルクリックして下さい。アップデートが開始されますので画面に従って作業を行って下さい。

ページトップへ

アップデート内容

Windows版

追加機能内容

  1. 先生トップ画面の「かんたんみんなでスタディ」ボタンを未設定時は非表示になる様にしました。
  2. 環境設定の「指導者のログインを・・・」と「学習者のログインを・・・」は各々指導者モード、学習者モードと表現を変更しわかり易くしました。
  3. 指導者及び学習者のトップ画面の画像位置を上げました。
  4. 指導モードのログインを選択方式にした場合のログイン名入力画面へ切り換えるのはアイコンから文章に変更しわかり易くしました。
  5. 環境設定の「同期」ボタンを「今すぐ取り込む」ボタンに変更し、更新か新規作成かをラジオボタンで選ぶ様に変更してより解りやすくしました。
  6. ノート名簿連携のユーザアカウントはuxxxxxxよりもWindowsLogonアカウントが指定されている場合はWindowsLogonアカウントの方を優先する様にしました。
  7. 環境設定のカンタンスタディのマトリックスを現在の履歴を残したまま、クラス数を増やせるようにしました。
  8. 「カンタンみんなでスタディ」で前回の続きを選べるように、指定日数以内に設定した教材をつづき教材として選択出来る様にしました。
  9. 理解状態内の印刷ボタン部分をPDFとしてダウンロードできる様に変更しました。
  10. 選択式ログイン画面のクラス一覧のドロップダウンリストの順がグループID順になっているのをクラス名順に表示する様にしました。
  11. 「カンタンみんなでスタディ」の設定で、警告メッセージが出る場合、メッセージが表示されるので、モニター画面が裏にならない様に警告でOKを押した後にモニター画面を表示する様にしました。
  12. 学習設定中でも教材情報を更新する様にしました。
  13. 学習者のトップ画面の「終わり」を押したときの確認ダイアログを表示しないでクローズする様にしました。
  14. 学習設定時の教材選択の前のフォルダに戻るアイコンの意味がわからないユーザが多いため、「前に戻る」とコメントを表示しました。

修正・改善点内容

  1. ノート名簿連携で、環境設定で「同期」すると、パスワードが5文字以下の場合、パスワードがnullで登録される症状を改善しました。
  2. 「カンタンみんなでスタディ」でみんなでスタディが学習中のクラスに対して未登録教材を学習を設定しようとしてしまった場合、真っ白なブラウザが表示される症状を改善しました。
  3. 教材管理ー整合性確認のあと、ひとりでスタディの禁止が効かない症状を改善しました。
  4. 「カンタンみんなでスタディ」で、自動登録したメンバーを編成クラスのメンバーにした場合、カンタンみんなでスタディのクラス再編成をした場合、人数が少ない場合は、マスタークラスのメンバーから外れる症状を改善しました。
  5. 教材管理のアップロードで、notlinkが指定してあるフォルダの上位フォルダに教材をアップするとアップロードしたフォルダ下位のnotlinkが削除される症状を改善しました。
  6. 管理者が、「カンタンみんなでスタディ」の対象クラスの学習を設定し、アクセス権をクラス担任を追加指定無い場合、「カンタンみんなでスタディ」で同じ教材を指定するとエラーになる症状を改善しました。
  7. 「学習者自身の名前を変更する」の状態で先生が学習者としてログインして名前を変更するとエラーになる症状を改善しました。

ページトップへ