製品アップデート情報

スタディサーバ for Web Ver.2.5

ダウンロード

V2.5B スクールライセンス アップデートファイル
バージョン公開日ダウンロードファイル
V2.5B 2007/10/17 Windows版
exe形式:16,077KB
Linux版
tar.gz形式:14,950KB

※アップデートを行う前に必ず「アップデート内容(Windows版)」「アップデート内容(Linux版)」をお読みください。

V2.5B センターライセンス アップデートファイル
バージョン公開日ダウンロードファイル
V2.5B 2007/10/17 Windows版
exe形式:16,077KB
Linux版
tar.gz形式:20,685KB

※アップデートを行う前に必ず「アップデート内容(Windows版)」「アップデート内容(Linux版)」をお読みください。
※Linux版はダウンロード・解凍したファイルを必ずユーザーのホームディレクトリでアップデートしてください。

ページトップへ

アップデートファイル概要

Windows版・Linux版共通
  • 本アップデートファイルを実行すると、バージョン2.5Bとなります。
  • アップデートを行う前に必ず現在のバージョンを確認ください。

ページトップへ

アップデート手順について

Windows版
  • アップデートファイルをダウンロードし、適当なフォルダ(c:¥tempなど)に保存して下さい。
  • ダウンロードしたファイルをダブルクリックして下さい。アップデートが開始されますので画面に従って作業を行って下さい。
Linux版
  • アップデートしたファイルをダウンロードして解凍し、できたファイル○○○.shを起動して下さい。
  • 表示される画面の指示に従って作業を行ってください。

ページトップへ

アップデート内容

Ver.2.5 スクールライセンス Windows版
追加機能
  1. カンタンみんなでスタディ
    ログイン操作など複雑な操作なしに、簡単に授業設定ができます。
  2. ひとりでスタディ制限機能
    みんなでスタディを行っている最中、または、基本設定でひとりでスタディでの学習を行えなくすることができます。
  3. 学習状態の切替機能
    個人別理解状態の画面で、「学習中」の教材を最初から学習させたり、「学習済み」の教材を「学習中」に戻したり、強制的に「学習済み」に変更することができます。
  4. かんたんログイン
    学習者が学年・組・番号を選択するだけで、簡単にログインできます。 (環境設定によって変更可能)
  5. スタディノートVer.7との名簿連携
    スタディノートVer.7(V7.0B以降)をお使いの学校で、スタディノートVer.7で作成された名簿をそのまま利用することが可能です。
  6. システムからのメッセージ機能
    サーバメンテナンスなどで、指導者、学習者のログインを一時的に制御したりメッセージを表示させたりすることができます。
その他追加機能

管理・運用

  1. 先生用のトップ画面に動作環境チェックを追加しました。
  2. ログイン画面のログイン名で全角入力できないように変更しました。
  3. 理解状態の表示で、生徒がログアウトしても現画面と時間の表示が残ってしまうことがある現象を改善しました。マスター名簿を新規に作成するときに「名簿ファイル読み込み」で読み込むファイル内に同じログイン名がある場合は警告を表示する様に改善しました。
  4. つづきをスタディの教材表示を、フォルダ単位でできるよう対応しました。
  5. 個人別の理解状態表示で各変数内容をチップス表示するようにしました。(各変数名の上にマウスポインタを置くと表示されます)
  6. 個人別理解状態の表示で、最初から学習させたり、強制的に学習済みとし、学習できないようにすることができるようにしました。
  7. 指導者名簿管理の「権限設定」で、ひとりでスタディの表示権限が教材管理に含まれていましたが、ひとりでスタディメニュー項目を増やし、教材管理と分離させました。
  8. 学習者名簿管理のメンバー表示画面からダウンロードできるメンバーCSVファイルに、クラス名を追加しました。
  9. クラス編成時の検索を、各属性でできるようにしました。
  10. 名簿ファイルの読み込みで、csvファイル(カンマ区切り)とエクセルファイル(97-2000)に対応しました。
  11. 名簿編成で欠番を作成できるようにしました。
  12. 教材一覧の「詳細」「概要」と各理解状態の表示から、教材マニュアルが参照できるようにしました。
  13. 教材の「概要」ウィンドウの横幅を大きくしてサイズを変更できるようにしました。
  14. 教材アップロードで教材更新時に、教材情報の更新も同時に行うようにしました。
  15. 環境設定にメニュー制限、学習者の順位表示設定を追加しました。
  16. 学習者自身がスタディサーバの「記録」で自身の学習の記録が常に見れる状態でしたが、スタディライターで教材を作成する際に「教材基本情報」で「いつでも可」、「学習終了で可」、「不可」 の設定を行えるようにしました。(スタディライターVer.3以降で設定を行った教材に限ります)
  17. スタディライターで教材を作成する際、「教材基本情報」の「目標・応答カテゴリー」で先生向け・学習者向けの表現に分けて入力することで、学習者が理解しやすい「目標・応答カテゴリー」をスタディサーバに反映できるようにしました。(スタディライターVer.3以降で設定を行った教材に限ります)
修正・改善点

管理・運用

  1. みんなでスタディ/つづきをスタディの管理で「設定変更」から「アクセスの設定」を行う際に、学習者名表示とクラス名表示で拒否の設定をしても表示されてしまう現象を修正しました。
  2. みんなでスタディ/つづきをスタディの管理で、「設定変更」から「アクセスの設定」にてクラス名を非表示、学習者名を表示の設定にした場合、個人別理解状態の教材一覧に、学習者名が表示されなくなる現象を修正しました。 名簿管理、マスター名簿・クラス名簿共に名簿一覧から名簿を「削除」した直後に「全表示」ボタンを押すとエラーが発生する現象を改善しました。
  3. 理解状態の表示で、生徒がログアウトしても現画面と時間の表示が残ってしまうことがある現象を改善しました。マスター名簿を新規に作成するときに「名簿ファイル読み込み」で読み込むファイル内に同じログイン名がある場合は警告を表示する様に改善しました。
  4. クラスメンバーの欠番がある場合、みんなでスタディの表示で欠番以降の表示がずれる現象を改善しました。
  5. つづきをスタディの管理の教材一覧から「学習の停止」、「再開」を行った際に、教材一覧に戻らなくなる現象を改善しました。
  6. つづきをスタディの管理で、学習一覧から学習を削除し、教材が0になるとクラス名がnull表示になる現象を改善しました。
  7. つづきをスタディの再開でスクール版でもライセンス警告が出る場合がある現象を改善しました。
  8. 教材の削除変更権が無い指導者の場合は、学習一覧で「みんなでスタディへ」、「つづきをスタディへ」のボタンが非表示になるよう改善しました。
  9. 過去にアクセス権限を持っていた指導者でも、学習者名簿管理のクラス一覧の削除ボタンが表示されてしまう現象を改善しました。
  10. クラス編成時に属性での検索結果が属性順で表示されていたのを、ログインID順等で表示されるように改善しました。
  11. クラス編成時にメンバーをダブルクリックして表示される詳細で、マイページの設定が反映されていない現象を改善しました。
  12. 学習者の名前のところをスペースのみで作成して名簿編成できるように改善しました。
  13. 教材管理のフォルダ作成の際のフォルダ名は半角英数名のみ使用可能のところ、画面メッセージでは異なる表現だったものを修正しました。
  14. 『kokugo-1』のように、フォルダ名にハイフンを使用できるように改善しました。
  15. 名簿編成で、メンバーを削除して登録すると欠番になるが、再編集すると連番になってしまう現象を改善しました。
  16. 2値変数の使用目的などの意味に、例「a あいうえお」というように半角英数文字の後に半角スペースを入れている場合、半角スペース以降が表示されなくなる現象を改善しました。
  17. ユーザ名に半角スペースが有る場合、名簿編成でメンバーを削除すると、ログインIDが消えてしまう現象を改善しました。
  18. 教材作成者名の後ろにスペースがある教材は、「教材管理」の整合性チェックで不正教材になる現象を改善しました。
  19. クラス別理解状態の表示でCSVファイルをダウンロードすると開始画面に「&npsp;」と表示されてしまう現象を改善しました。
  20. マイページの設定で非所有クラスを「表示しない」設定にしても「個人別理解状態の表示」で通常表示となる現象を改善しました。
  21. マイページの設定で非担当学習は「表示しない」設定にした場合、つづきをスタディ/レッツスタディの管理で、一括処理の教材選択後に対象教材が表示されなくなる現象を改善しました。
  22. クライアント毎に学習の表示時間がバラバラになるという現象を改善しました。
  23. 接続状況のクラス一覧は接続者がいるクラスのみ表示するようにしました。

学習

  1. 学習者のつづきをスタディ画面で教材一覧を学習中、学習未、学習済、フォルダ名の順にソートして表示するように修正しました。

ページトップへ

Ver.2.5 スクールライセンス Linux版
追加機能
  1. カンタンみんなでスタディ
    ログイン操作など複雑な操作なしに、簡単に授業設定ができます。
  2. ひとりでスタディ制限機能
    みんなでスタディを行っている最中、または、基本設定でひとりでスタディでの学習を行えなくすることができます。
  3. 学習状態の切替機能
    個人別理解状態の画面で、「学習中」の教材を最初から学習させたり、「学習済み」の教材を「学習中」に戻したり、強制的に「学習済み」に変更することができます。
  4. かんたんログイン
    学習者が学年・組・番号を選択するだけで、簡単にログインできます。(環境設定によって変更可能)
  5. スタディノートVer.7との名簿連携
    スタディノートVer.7(V7.0B以降)をお使いの学校で、スタディノートVer.7で作成された名簿をそのまま利用することが可能です。
  6. システムからのメッセージ機能
    サーバメンテナンスなどで、指導者、学習者のログインを一時的に制御したりメッセージを表示させたりすることができます。
その他追加機能

管理・運用

  1. 先生用のトップ画面に動作環境チェックを追加しました。
  2. ログイン画面のログイン名で全角入力できないように変更しました。
  3. 理解状態の表示で、生徒がログアウトしても現画面と時間の表示が残ってしまうことがある現象を改善しました。マスター名簿を新規に作成するときに「名簿ファイル読み込み」で読み込むファイル内に同じログイン名がある場合は警告を表示する様に改善しました。
  4. つづきをスタディの教材表示を、フォルダ単位でできるよう対応しました。
  5. 個人別の理解状態表示で各変数内容をチップス表示するようにしました。(各変数名の上にマウスポインタを置くと表示されます)
  6. 個人別理解状態の表示で、最初から学習させたり、強制的に学習済みとし、学習できないようにすることができるようにしました。
  7. 指導者名簿管理の「権限設定」で、ひとりでスタディの表示権限が教材管理に含まれていましたが、ひとりでスタディメニュー項目を増やし、教材管理と分離させました。
  8. 学習者名簿管理のメンバー表示画面からダウンロードできるメンバーCSVファイルに、クラス名を追加しました。
  9. クラス編成時の検索を、各属性でできるようにしました。
  10. 名簿ファイルの読み込みで、csvファイル(カンマ区切り)とエクセルファイル(97-2000)に対応しました。
  11. 名簿編成で欠番を作成できるようにしました。
  12. 教材一覧の「詳細」「概要」と各理解状態の表示から、教材マニュアルが参照できるようにしました。
  13. 教材の「概要」ウィンドウの横幅を大きくしてサイズを変更できるようにしました。
  14. 教材アップロードで教材更新時に、教材情報の更新も同時に行うようにしました。
  15. 環境設定にメニュー制限、学習者の順位表示設定を追加しました。
  16. 学習者自身がスタディサーバの「記録」で自身の学習の記録が常に見れる状態でしたが、スタディライターで教材を作成する際に「教材基本情報」で「いつでも可」、「学習終了で可」、「不可」 の設定を行えるようにしました。(スタディライターVer.3以降で設定を行った教材に限ります)
  17. スタディライターで教材を作成する際、「教材基本情報」の「目標・応答カテゴリー」で先生向け・学習者向けの表現に分けて入力することで、学習者が理解しやすい「目標・応答カテゴリー」をスタディサーバに反映できるようにしました。(スタディライターVer.3以降で設定を行った教材に限ります)
修正・改善点

管理・運用

  1. みんなでスタディ/つづきをスタディの管理で「設定変更」から「アクセスの設定」を行う際に、学習者名表示とクラス名表示で拒否の設定をしても表示されてしまう現象を修正しました。
  2. みんなでスタディ/つづきをスタディの管理で、「設定変更」から「アクセスの設定」にてクラス名を非表示、学習者名を表示の設定にした場合、個人別理解状態の教材一覧に、学習者名が表示されなくなる現象を修正しました。
  3. 理解状態の表示で、生徒がログアウトしても現画面と時間の表示が残ってしまうことがある現象を改善しました。
  4. クラスメンバーの欠番がある場合、みんなでスタディの表示で欠番以降の表示がずれる現象を改善しました。
  5. つづきをスタディの管理の教材一覧から「学習の停止」、「再開」を行った際に、教材一覧に戻らなくなる現象を改善しました。
  6. つづきをスタディの管理で、学習一覧から学習を削除し、教材が0になるとクラス名がnull表示になる現象を改善しました。
  7. つづきをスタディの再開で、スクール版でもライセンス警告が出る場合がある現象を改善しました。
  8. 教材の削除変更権が無い指導者の場合、学習一覧で「みんなでスタディへ」、「つづきをスタディへ」のボタンが非表示になるよう改善しました。
  9. 過去にアクセス権限を持っていた指導者でも、学習者名簿管理のクラス一覧の削除ボタンが表示されてしまう現象を改善しました。
  10. クラス編成時に属性での検索結果が属性順で表示されていたのを、ログインID順等で表示されるように改善しました。
  11. クラス編成時にメンバーをダブルクリックして表示される詳細で、マイページの設定が反映されていない現象を改善しました。
  12. 学習者の名前のところをスペースのみで作成して名簿編成できるように改善しました。
  13. 教材管理のフォルダ作成の際のフォルダ名は半角英数名のみ使用可能のところ、画面メッセージでは異なる表現だったものを修正しました。
  14. 『kokugo-1』のように、フォルダ名にハイフンを使用できるように改善しました。
  15. 名簿編成で、メンバーを削除して登録すると欠番になるが、再編集すると連番になってしまう現象を改善しました。
  16. 2値変数の使用目的などの意味に、例「a あいうえお」というように半角英数文字の後に半角スペースを入れている場合、半角スペース以降が表示されなくなる現象を改善しました。
  17. ユーザ名に半角スペースが有る場合、名簿編成でメンバーを削除すると、ログインIDが消えてしまう現象を改善しました。
  18. 教材作成者名の後ろにスペースがある教材は、「教材管理」の整合性チェックで不正教材になる現象を改善しました。
  19. クラス別理解状態の表示でCSVファイルをダウンロードすると開始画面に「&npsp;」と表示されてしまう現象を改善しました。
  20. マイページの設定で非所有クラスを「表示しない」設定にしても「個人別理解状態の表示」で通常表示となる現象を改善しました。
  21. マイページの設定で非担当学習は「表示しない」設定にした場合、つづきをスタディ/レッツスタディの管理で、一括処理の教材選択後に対象教材が表示されなくなる現象を改善しました。
  22. クライアント毎に学習の表示時間がバラバラになるという現象を改善しました。
  23. 接続状況のクラス一覧は接続者がいるクラスのみ表示するようにしました。
  24. 日本語のフォルダ名のものがある場合、フォルダの削除が出来ない現象を改善しました。
  25. S-P表画面で、①②等の表示が文字化けする現象を改善しました。

学習

  1. 学習者のつづきをスタディ画面で教材一覧を学習中、学習未、学習済、フォルダ名の順にソートして表示するように修正しました。

ページトップへ

Ver.2.5 センターライセンス Windows版
追加機能
  1. 学習状態の切替機能
    個人別理解状態の画面で、「学習中」の教材を最初から学習させたり、「学習済み」の教材を「学習中」に戻したり、強制的に「学習済み」に変更することができます。
  2. システムからのメッセージ機能
    サーバメンテナンスなどで、指導者、学習者のログインを一時的に制御したりメッセージを表示させたりすることができます。
その他追加機能

管理・運用

  1. 先生用のトップ画面に動作環境チェックを追加しました。
  2. ログイン画面のログイン名で全角入力できないように変更しました。
  3. レッツスタディの教材表示を、フォルダ単位でできるよう対応しました。
  4. レッツスタディの設定画面にライセンス数を表示するようにしました。
  5. 個人別の理解状態表示で各変数内容をチップス表示するようにしました。(各変数名の上にマウスポインタを置くと表示されます)
  6. 「指導者名簿管理」の「権限設定」で、ひとりでスタディの表示権限が教材管理に含まれていましたが、ひとりでスタディメニュー項目を増やし、教材管理と分離させました。
  7. 学習者名簿管理のメンバー表示画面からダウンロードできるメンバーCSVファイルに、クラス名を追加しました。
  8. クラス編成時の検索を、各属性でできるようにしました。
  9. 名簿ファイルの読み込みで、csvファイル(カンマ区切り)とエクセルファイル(97-2000)に対応しました。
  10. 名簿編成で欠番を作成できるようにしました。
  11. 教材一覧の「詳細」「概要」と各理解状態の表示から、教材マニュアルが参照できるようにしました。
  12. 教材の「概要」ウィンドウの横幅を大きくしてサイズを変更できるようにしました。
  13. 教材アップロードで教材更新時に、教材情報の更新も同時に行うようにしました。
  14. 環境設定にメニュー制限、学習者の順位表示設定を追加しました。
  15. 学習者自身がスタディサーバの「記録」で自身の学習の記録が常に見れる状態でしたが、スタディライターで教材を作成する際に「教材基本情報」で「いつでも可」、「学習終了で可」、「不可」 の設定を行えるようにしました。(スタディライターVer.3以降で設定を行った教材に限ります)
  16. スタディライターで教材を作成する際、「教材基本情報」の「目標・応答カテゴリー」で先生向け・学習者向けの表現に分けて入力することで、学習者が理解しやすい「目標・応答カテゴリー」をスタディサーバに反映できるようにしました。(スタディライターVer.3以降で設定を行った教材に限ります)
  17. 一括処理で、ライセンスオーバー警告を表示するようにしました。
修正・改善点内容

管理・運用

  1. レッツスタディの管理で、「設定変更」から「アクセスの設定」を行った際に、学習者名表示の拒否の設定をしても表示されてしまう現象を修正しました。
  2. レッツスタディの管理で、「設定変更」から「アクセスの設定」を行った際に、クラス名表示の拒否設定をしても表示されてしまう現象を修正しました。
  3. レッツスタディの管理で、「設定変更」から「アクセスの設定」にてクラス名を非表示、学習者名を表示の設定にした場合、個人別理解状態の教材一覧に、学習者名が表示されなくなる現象を修正しました。
  4. レッツスタディの管理の教材一覧から「学習の停止」、「再開」を行った際に、教材一覧に戻らなくなる現象を改善しました。
  5. レッツスタディの管理で、学習一覧から学習を削除し、教材が0になるとクラス名がnull表示になる現象を改善しました。
  6. 過去にアクセス権限を持っていた指導者でも、学習者名簿管理のクラス一覧の削除ボタンが表示されてしまう現象を改善しました。
  7. クラス編成時に属性での検索結果が属性順で表示されていたのを、ログインID順等で表示されるように改善しました。
  8. クラス編成時にメンバーをダブルクリックして表示される詳細で、マイページの設定が反映されていない現象を改善しました。
  9. 学習者の名前のところをスペースのみで作成して名簿編成できるように改善しました。
  10. 教材管理のフォルダ作成の際のフォルダ名は半角英数名のみ使用可能のところ、画面メッセージでは異なる表現だったものを修正しました。
  11. 『kokugo-1』のように、フォルダ名にハイフンを使用できるように改善しました。
  12. 名簿編成で、メンバーを削除して登録すると欠番になるが、再編集すると連番になってしまう現象を改善しました。
  13. 2値変数の使用目的などの意味に、例「a あいうえお」というように半角英数文字の後に半角スペースを入れている場合、半角スペース以降が表示されなくなる現象を改善しました。
  14. ユーザ名に半角スペースが有る場合、名簿編成でメンバーを削除すると、ログインIDが消えてしまう現象を改善しました。
  15. 教材作成者名の後ろにスペースがある教材は、「教材管理」の整合性チェックで不正教材になる現象を改善しました。
  16. クラス別理解状態の表示でCSVファイルをダウンロードすると開始画面に「&npsp;」と表示されてしまう現象を改善しました。
  17. 「マイページの設定で非所有クラスを「表示しない」設定にしても「個人別理解状態の表示」で通常表示となる現象を改善しました。
  18. マイページの設定で非担当学習は「表示しない」設定にした場合、レッツスタディ/レッツスタディの管理で、一括処理の教材選択後に対象教材が表示されなくなる現象を改善しました。
  19. クライアント毎に学習の表示時間がバラバラになるという現象を改善しました。
  20. 接続状況のクラス一覧は接続者がいるクラスのみ表示するようにしました。

学習

  1. 学習者のレッツスタディ画面で教材一覧を学習中、学習未、学習済、フォルダ名の順にソートして表示するように修正しました。

ページトップへ

Ver.2.5 センターライセンス Linux版
追加機能
  1. 学習状態の切替機能
    個人別理解状態の画面で、「学習中」の教材を最初から学習させたり、「学習済み」の教材を「学習中」に戻したり、強制的に「学習済み」に変更することができます。
  2. システムからのメッセージ機能
    サーバメンテナンスなどで、指導者、学習者のログインを一時的に制御したりメッセージを表示させたりすることができます。
その他追加機能

管理・運用

  1. 先生用のトップ画面に動作環境チェックを追加しました。
  2. ログイン画面のログイン名で全角入力できないように変更しました。
  3. レッツスタディの教材表示を、フォルダ単位でできるよう対応しました。
  4. レッツスタディの設定画面にライセンス数を表示するようにしました。
  5. 個人別の理解状態表示で各変数内容をチップス表示するようにしました。(各変数名の上にマウスポインタを置くと表示されます)
  6. 「指導者名簿管理」の「権限設定」で、ひとりでスタディの表示権限が教材管理に含まれていましたが、ひとりでスタディメニュー項目を増やし、教材管理と分離させました。
  7. 学習者名簿管理のメンバー表示画面からダウンロードできるメンバーCSVファイルに、クラス名を追加しました。
  8. クラス編成時の検索を、各属性でできるようにしました。
  9. 名簿ファイルの読み込みで、csvファイル(カンマ区切り)とエクセルファイル(97-2000)に対応しました。
  10. 名簿編成で欠番を作成できるようにしました。
  11. 教材一覧の「詳細」「概要」と各理解状態の表示から、教材マニュアルが参照できるようにしました。
  12. 教材の「概要」ウィンドウの横幅を大きくしてサイズを変更できるようにしました。
  13. 教材アップロードで教材更新時に、教材情報の更新も同時に行うようにしました。
  14. 環境設定にメニュー制限、学習者の順位表示設定を追加しました。
  15. 学習者自身がスタディサーバの「記録」で自身の学習の記録が常に見れる状態でしたが、スタディライターで教材を作成する際に「教材基本情報」で「いつでも可」、「学習終了で可」、「不可」 の設定を行えるようにしました。(スタディライターVer.3以降で設定を行った教材に限ります)
  16. スタディライターで教材を作成する際、「教材基本情報」の「目標・応答カテゴリー」で先生向け・学習者向けの表現に分けて入力することで、学習者が理解しやすい「目標・応答カテゴリー」をスタディサーバに反映できるようにしました。(スタディライターVer.3以降で設定を行った教材に限ります)
  17. 一括処理で、ライセンスオーバー警告を表示するようにしました。
修正・改善点内容

管理・運用

  1. レッツスタディの管理で、「設定変更」から「アクセスの設定」を行う際に、学習者名表示とクラス名表示で拒否の設定をしても表示されてしまう現象を修正しました。
  2. レッツスタディの管理で、「設定変更」から「アクセスの設定」にてクラス名を非表示、学習者名を表示の設定にした場合、個人別理解状態の教材一覧に、学習者名が表示されなくなる現象を修正しました。
  3. レッツスタディの管理の教材一覧から「学習の停止」、「再開」を行った際に、教材一覧に戻らなくなる現象を改善しました。
  4. レッツスタディの管理で、学習一覧から学習を削除し、教材が0になるとクラス名がnull表示になる現象を改善しました。
  5. 過去にアクセス権限を持っていた指導者でも、学習者名簿管理のクラス一覧の削除ボタンが表示されてしまう現象を改善しました。
  6. クラス編成時に属性での検索結果が属性順で表示されていたのを、ログインID順等で表示されるように改善しました。
  7. クラス編成時にメンバーをダブルクリックして表示される詳細で、マイページの設定が反映されていない現象を改善しました。
  8. 学習者の名前のところをスペースのみで作成して名簿編成できるように改善しました。
  9. 教材管理のフォルダ作成の際のフォルダ名は半角英数名のみ使用可能のところ、画面メッセージでは異なる表現だったものを修正しました。
  10. 『kokugo-1』のように、フォルダ名にハイフンを使用できるように改善しました。
  11. 名簿編成で、メンバーを削除して登録すると欠番になるが、再編集すると連番になってしまう現象を改善しました。
  12. 2値変数の使用目的などの意味に、例「a あいうえお」というように半角英数文字の後に半角スペースを入れている場合、半角スペース以降が表示されなくなる現象を改善しました。
  13. ユーザ名に半角スペースが有る場合、名簿編成でメンバーを削除すると、ログインIDが消えてしまう現象を改善しました。
  14. 教材作成者名の後ろにスペースがある教材は、「教材管理」の整合性チェックで不正教材になる現象を改善しました。
  15. クラス別理解状態の表示でCSVファイルをダウンロードすると開始画面に「&npsp;」と表示されてしまう現象を改善しました。
  16. 「マイページの設定で非所有クラスを「表示しない」設定にしても「個人別理解状態の表示」で通常表示となる現象を改善しました。
  17. マイページの設定で非担当学習は「表示しない」設定にした場合、レッツスタディ/レッツスタディの管理で、一括処理の教材選択後に対象教材が表示されなくなる現象を改善しました。
  18. クライアント毎に学習の表示時間がバラバラになるという現象を改善しました。
  19. 接続状況のクラス一覧は接続者がいるクラスのみ表示するようにしました。
  20. 日本語のフォルダ名のものがある場合、フォルダの削除が出来ない現象を改善しました。
  21. S-P表画面で、①②などの表示が文字化けする現象を改善しました。

学習

  1. 学習者のレッツスタディ画面で教材一覧を学習中、学習未、学習済、フォルダ名の順にソートして表示するように修正しました。

ページトップへ

アップデート履歴

ページトップへ