製品アップデート情報

スタディネット Ver.2

ダウンロード

V2.0C2 アップデートファイル
バージョン公開日ダウンロードファイル
V2.0C22015/04/28 ダウンロード
exe形式:202MB

※アップデートを行う前に必ず「アップデート内容」をお読みください。

【2015/05/29 追記】V2.0C 以前のバージョンからアップデートを行った場合、タッチアナライザーが起動しなくなる不具合が見つかりました(現在は修正済みです)。
既に V2.0C2 にアップデートされた方で上記の不具合が発生している場合は、ページ下部に記載している「V2.0C以前のバージョンからアップデート後に発生している不具合について」を参考に対処を行ってください。

概要

  • 本アップデートの対象バージョンは V2.0、V2.0A、V2.0A1、V2.0B、V2.0B1、V2.0C、V2.0C1 です。
    本アップデートファイルを実行すると、バージョン V2.0C2 となります。
  • アップデートを行う前および行った後に、必ずバージョンの確認を行ってください。
    (確認方法:Studynetインストールフォルダ内のtabletroomフォルダ内のver.txtで確認)
  • アップデートを行った後に、サーバー機以外の電子黒板機(電子黒板ツール)及び、先生機(電子黒板連携ツール)のアップデートをスタディネットサーバー機からアップデートしてください。

ページトップへ

手順について

  • スタディネットがインストールされた先生用PCにダウンロードファイルをダウンロードし、実行してください。
  • クライアントについては、インストールマニュアルを参照してください。

ページトップへ

アップデート内容

スタディネット
  • 電子黒板ツールの操作でブラウザーの画面が実際のサーバーの動作と異なるケースで画面遷移時に、サーバーのモードに合わせるための機能を実装。
    • テキストマーキング開始中の画面で締め切りボタンを押下時、電子黒板ツールなどですでに授業終了していれば共有画面ではなく準備画面に遷移するよう対応。
    • 各機能画面にリロードボタンを配置してサーバーの状態に遷移するよう対応。
    • 左側メニューボタン(エクスチェンジボード、タッチアナライザー、テキストマーキング、ワークシート)
  • 左側メニューボタンの反復練習(小テスト)押下時、他機能の授業を終了させないよう修正。
    反復練習(小テスト)が実施中の場合は、反復練習(小テスト)を終了させる。
  • エクスチェンジボードで配信のみの場合、ストロークモードの説明や個別回収ボタンを非表示に変更。
  • 反復練習(小テスト)で入力形式の設問の場合、文字数チェックを140文字から500文字に変更し、エラー文言も変更。
  • テキストマーキングで複製して共有から続きをした場合、共有形式のチェックボックスが指導者画面だけコピー元の状態に引き継がれる不具合を修正。
電子黒板ツール / 電子黒板連携ツール

<2.0C>

  • 画面解像度が変更された場合の、画面サイズに合わせ位置等の変更に対応。
  • 印刷時に白紙モードが選択できるよう修正。
  • WindowsWriterに印刷する際にファイル名指定ダイアログが一覧Windows下に表示されハングアップの様になる現象について、ファイル名選択時に一覧を最小化するよう対応。
  • 先生のログイン方式を入力式にした場合、パスワードが1以外では接続できない不具合を修正。
    [Config]LoginMode=inputの場合は、ID、PW入力ダイアログを表示するよう対応。
  • ストローク機能(白紙、写真)で複数受信した際に、クライアントから受信したにも関わらず1台だけ一覧に反映しない現象について、一覧表示の情報収集部分に作成時間から更新日時に変更し、サイズ違いも更新をかけるよう対応。

<2.0C1>

  • 電子黒板ツール(連携ツール)2.0.0.6バージョン変更。
  • 起動時にエクスチェンジボードで部分送信をしても画像が送信されない問題を修正。
  • Windows8.1(64bit)でエクスチェンジボードの印刷をするとアプリケーションエラーになる症状を修正。

<2.0C2>

  • 電子黒板ツール(連携ツール)2.0.0.7バージョン変更。
  • 起動時に一覧画面でエクスチェンジボードで送信をしても画像が送信されない問題を修正。
Android版スタディタイム(2.3.4.0037)
  • NEC 8インチタブレットのテキストマーキング機能で、マークしてはいけないところまでマークされる現象を修正。
  • 端末仕様の違いでエクスチェンジボード機能のペンでの書き始めが描画されない現象について、拡大縮小判断を5イベントから時間で判断するよう変更。
  • エクスチェンジボード機能の縮小操作で、挿入した画像が画面サイズより小さくなることがある現象について、描画時に画像サイズが画面サイズより小さければ画面サイズにリセットされるよう修正。
  • ワークシート機能でStudyフォルダが二つできる不具合を修正。
Windows版スタディタイム(2.0.0.3)
  • 逆さに撮った写真を取り込むと逆さまに張り付いてしまう現象について、JPEGデータ内のEXIFの方向タグ(Orientation)に対応。
  • エクスチェンジボード編集時に、画面の回転途中でさらに回転させると画面レイアウトが2画面に分割され表示される現象を修正。
  • テキストマーキングのマーク中画面で、縦から横に画面を回転させるとサイドバーのサイズが小さいままになる現象を修正。
  • テキストマーキングの再送信要求後のマーク中画面で、画面を回転させると追加編集したマーク情報が再送信要求時のマーク情報にもどる現象を修正。
  • バッテリー情報送信が授業開始以後の送信は無視される不具合を修正。

ページトップへ

V2.0C以前のバージョンからアップデート後に発生している不具合について

ダウンロードファイル
公開日ダウンロードファイル
2015/05/29ダウンロード
zip形式:3.44KB
手順について
  1. 上の「ダウンロードファイル」内の [ダウンロード] ボタンをクリックし、zipファイルを任意の場所へダウンロードします。
  2. ダウンロードしたzipファイルを解凍し、フォルダ内に「update_sql.sql」があることを確認します。
  3. 「update_sql.sql」をスタディネットインストールドライブの「Studynet/tabletroom/WebContent/WEB-INF」フォルダ内にコピーします。
  4. デスクトップの「スタディネット」ショートカットをクリックし、「StudyNetサービスマネージャ」をダブルクリックして起動します。
  5. 「General」タブの [Stop] ボタンをクリックし、サービスを停止させます。
  6. サービス停止後 [Start] ボタンをクリックし、サービスを起動させます。
  7. サービス起動後 [OK] をクリックし、「StudyNetサービスマネージャ」を閉じます。
  8. 「開始」ショートカットからスタディネットを起動し、先生でログインを行います。
  9. 授業開始後「タッチアナライザー」メニューをクリックし、タッチアナライザーが正常に動作するか確認をします。
  10. [おわる] をクリックし、ブラウザーを閉じます。

ページトップへ