製品アップデート情報

スタディネット

ダウンロード

V1.2A アップデートファイル
バージョン公開日ダウンロードファイル
V1.2A 2013/10/08 ダウンロード
(update_tb1_2a1.exe)
exe形式:35.9MB

※アップデートを行う前に必ず「アップデート内容」をお読みください。

概要

  • 本アップデートの対象バージョンは 1.2 です。本アップデートファイルを実行すると、バージョン 1.2A となります。
    バージョン 1.1 を使用している場合は、マスターDVDが必要になりますので納入業者にお問い合わせください。
  • アップデートを行う前および行った後に、必ずバージョンの確認を行ってください。
    (確認方法:Studynetインストールフォルダ内のtabletroomフォルダ内のver.txtで確認)

ページトップへ

手順について

  • スタディネットがインストールされた先生用PCにダウンロードファイルをダウンロードし、実行してください。
  • クライアントについては、インストールマニュアルを参照してください。

ページトップへ

アップデート内容

追加・修正・改善

studytime(Windows用)

  • 開始時と終了時に、ワークファイルを削除するよう修正しました。
  • テキストマーキングで、改行だけのマークができないよう修正しました。
  • 高DPI(150%以上)に設定されている場合、ログインの選択(プルダウン)が選べなくなる問題を改善しました。
  • Windows 8では、標準のタップキーを利用できるようにしました。

studytime(JL-T100用)

  • config.xmlデフォルトIP(192.168.11.2)以外の場合、config.xmlファイルが受信できず起動時にエラーが発生する問題を改善しました。
  • テキストマーキングで、自然改行された行にマークした場合、1文字ずれてマークされる問題を改善しました。
  • アプリケーション終了時に表示されるダイアログを自動で閉じる機能を追加しました。

電子黒板ツール(SspPrezen)

  • 接続ダイアログの表示位置をボタンの近くにしました。
  • ストローク再生コントローラーの大きさを大きく改善しました。
  • 一覧表示中の、未チェック状態から印刷ボタンをクリックすると画面が最小化する仕様を、2種類のボタン(一覧に戻る/最初に戻る)だけの状態に変更しました。
  • ボタン位置を変更した場合、一覧表示等へ遷移するときに継承するようにしました。
  • 送信中に一覧から戻る時の確認ダイアログに、「締め切らないで戻る」ボタンを追加しました。

サーバー

  • ワークシート機能で送信したデータをJL-T100の教科書・ノートアプリで「消しゴム」で消した回答を回収した場合、エラーが発生する症状を修正しました。
  • 反復練習で正解した場合、答え直すボタンを表示しないよう変更しました。

ページトップへ