Study Note

スタディノート10

動作環境

サーバー機

OS
  • Windows® Server 2019 Standard
  • Windows® Server 2016 Standard
  • Windows® Server 2012 / 2012 R2 Standard
    • ※接続するクライアントの台数分のCALの購入が必要です
    • ※Internet Explorer® 11 または Microsoft Edge がインストールされている必要があります。
    • ※Microsoft SQL Server® 2019 / 2017 / 2016 / 2014 のいずれかがインストールされており、スタディノート用のインスタンスが作成されている必要があります。
※ 指導者 / 学習者用タブレット端末の接続が10台以下の場合は下記も利用可能
  • Windows® 10 Pro / Enterprise / Education (32bit or 64bit)
  • Windows® 8.1 Pro (32bit or 64bit)
    • ※接続するクライアントの台数分のCALの購入が必要です
    • ※Internet Explorer® 11 または Microsoft Edge がインストールされている必要があります。
    • ※Microsoft SQL Server® 2019 / 2017 / 2016 / 2014 のいずれかがインストールされており、スタディノート用のインスタンスが作成されている必要があります。
メモリー
  • 8GB以上推奨
    • ※20台以下の場合は4GB以上を推奨します。
    • ※上記は同時接続台数80台で、スタディノートのみを使用すると想定した場合に推奨される容量です。利用する環境に応じて調整してください。なお、接続している端末1台あたりのメモリー消費量は約4MBです。
ストレージ
  • 1TB以上推奨
    • ※上記は「各学年3クラスの小学校で、平均年間授業時間は900時間、すべてのクラスで10回のうち1回の授業でノートを1件(5MB)作成し、6年分のデータを保存し続ける」と想定した場合に推奨される容量です。
  • 最大同時利用クラス数は3クラスを想定しています。それ以上の同時利用が想定される場合は、導入する学校の規模に合わせて、サーバーのスペックをご検討ください。

指導者用タブレット端末・学習者用タブレット端末

OS
  • Windows® 10 Pro / Enterprise / Education(32bit or 64bit)
    • ※Windows® 10 は、バージョン1709(Fall Creators Update)以降である必要があります。
    • ※Internet Explorer® 11 または Microsoft Edge がインストールされている必要があります。
メモリー
  • 2GB以上(1GB以上の空きが必要です)
    • ※クライアント用アプリケーションは、Microsoft Store からインストールする必要があります。
      インストールの際には、Microsoft アカウントが必要です。
    • ※サイドローディングでインストールを行うオフラインパッケージについては、「教育機関向け Microsoft Store」からパッケージを入手するか、営業担当まで お問い合わせ ください。

その他

クラウドにサーバーを設置する場合について
  • ネットワークの帯域は、1ユーザー当たり 2Mbps 以上を維持できる環境を推奨します。また、クライアントとの間でセッションを維持できる必要があります。
  • 1つのサーバーを複数校で利用する場合には、ライセンスの取得が必要です。営業担当まで お問い合わせ ください。
無線LAN機器について
  • 接続台数に応じたデータ転送速度を持つ端末と通信可能な無線ルーターか、無線APが1台以上必要です。
上記以外の諸条件、その他詳細情報に関しては お問い合わせ ください。

ページトップへ