Study Note

スタディノート10

特長

スタディシリーズが生まれ変わります!

電子掲示板「BIG PAD」とタブレット端末を連携した授業を行う「STUDYNET」と統合して、より多彩な授業が可能となります。

スタディノート10の機能

エクスチェンジボード

子ども一人一人がタブレット端末上で表現した考えを、クラス全体で共有し、比較・分類することで、考え方の多様性に気づけます。また、ストローク再生により、表現過程・思考過程を知ることができます。

①子どもが学習者用タブレット端末に自分の考えを書き込み、大型提示装置へ送ります。

②一覧表示された意見を、色を付けて分類したり、移動したりして、考え方を比較・整理します。

③選択して拡大表示し、考えを比較します。表現過程をストローク再生して思考過程を可視化します。

<ストロークモード>

エクスチェンジボードでは、ビデオを再生するように、表現過程を再現することができます。表現過程は子どもの思考過程を表しているものとも言えます。
表現過程を再生しながら発表させたり、中断して続きの考え方を他の児童に予測させるなどの展開も可能です。

1筆ずつ書き加えられていく様子がストローク再生で再現されています。
児童AとBの移行過程が違うことが明確にわかります。
児童Aは「コの字」を追加する考え方、Bは「逆コの字」を追加する考え方です。
描き方の違いで式も異なるものになっていきます。

テキストマーキング

教材や友だちの文章を読んで、注目したところにマークし、コメントを入力します。文章には、マークした人数に応じて太さの違うアンダーラインがひかれ、どの表現に注目した友だちが多かったかを知る事ができます。クラスの全員がどこに注目し、どのようにコメントしたかを共有することで、とらえ方・感じ方の相違を知り、自分の考えを広げたり、深めたりできます。

①文章をマークし、文字列にコメントを付けます。

②マークした人数に応じた太さのアンダーラインが表示されます。

③マークした文章への友だちのコメントを読みます。気に入ったら☆ボタンを押します。

オフライン・ワークシート

ワークシートを配信し、学習者用タブレット端末内に保存することができます。ネットワークに接続していない時でもワークシートに書き込むことができ、オンライン時に回収する事ができます。

<教室外、学校外での活用(校庭、林間学校等)>

ネットワークに接続されていなくても、文章、絵、写真、ビデオを使ってその場ですぐにノートが作成できます。学校のネットワークにつながると、サーバーに登録されます。

グループワーキング

グループメンバーのノートから必要なページを選択し組み合わせて、グループとしてのノートを作成できます。多様な考えを組み合わせ、グループとしての新たな考えを生み出します。

①個人のノートを作成する。
各自のタブレット端末で、数ページからなるノートを作成します。

②参加するグループを決める。
自分のアイコンをグループのアイコンにドラッグ&ドロップすることで、グループを決めることができます。
先生が決めることもできます。

③グループとしてのノートを作成する。
メンバーのノートから必要なページを選択し、他のメンバーのページと合体しグループとしてのノートを作ります。
必要に応じてページを追加できます。

ノート

指で操作するのに適したインターフェイスを持ち、自分の考えや意見などを文章、絵、写真、ビデオで表現することができます。作成したノートは、電子掲示板・ポスターで互いに交換します。

ポスター

メンバーそれぞれが自分のタブレット端末に書き込むことで、1つのポスターを協働制作することができます。ノートや写真、動画、音声を含むデジタル壁新聞や、発表用資料等を作成できます。

※バージョンアップで実装予定

電子掲示板

作成したノートを掲示板に掲載することによって、自分の考えや作品を発表・共有することができます。掲載されたノートに返信することにより、アドバイスや意見交換ができます。

タッチアナライザー

学習者がタブレット端末上の選択肢をタップすると、集計結果の円グラフが大型提示装置にリアルタイムで表示されます。
だれが何を選択したかを表示させることもできます。

反復練習・小テスト

学習者に出題する問題を、Excelで簡単に作成できます。
回答は自動で採点され、先生用画面に達成状況の一覧が表示されます。

ページトップへ