interactive Study

インタラクティブスタディ 7

インタラクティブスタディ 7について

インタラクティブスタディ7は、児童・生徒一人ひとりの理解状況に合わせた学習課題が提示され、自分のペースで主体的に学習できる、個別最適な学びを支援する学習支援システムです。 クラウド対応により、学校内だけでなく、家庭や公共図書館など、いつでもどこでも教科の学習をすることができます。

一人ひとりの子どもにとって「わかる」学習を支援

スタディサーバ イメージ

インタラクティブスタディ 7を活用した学習は、子どもたちの理解状況を判断し、学習目標や誤答傾向を分析し、苦手なところをコンピュータが学習履歴をもとに診断し、その子に適した学習内容・補充に導きます。 子どもたち一人ひとりにとって、自分のペースで「わかる」学習が行えます。

「誰が」「どこまで」「何を」理解しているかを把握できます

ヒスとグラム|進行状況|観点別表示

クラス別、個人別の理解や誤答傾向、進行状況などの情報を、先生用コンピュータで確認することができ、「誰が」「どこまで」「何を」理解しているか把握することができます。
子どもたちの理解状態はCSVファイルに出力し、表計算ソフトで集計や解析を行うこともできます。

ページトップへ