動作環境情報

Javaセキュリティの例外サイト・リストの一括設定方法

(2015年1月)

  • インタラクティブスタディ教材のJavaを利用するアプリケーションにおいてJava Runtime Environment の Version 7 Update 51 からJavaセキュリティの例外サイト・リスト設定が必要になりました。
  • 設定方法については、下記の手順を行ってください。
  • PC内の全アカウントに対して一括でJavaセキュリティの例外サイト・リストを設定する方法です。アカウント別の設定は、Javaセキュリティの例外サイト・リスト設定方法 ページを参照ください。
設定方法
  • フォルダの拡張子を表示するよう設定されていない方は、ページ下部の 拡張子の表示方法 を参照しながら表示設定を行って下さい。
  1. 「メモ帳」を管理者として起動します。
    ※メモ帳を管理者として起動する方法(Windows 8.1 の場合)
    (1) コントロール画面の左下の アイコンをクリックします。
    (2) アプリ画面の一覧から [メモ帳] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。
    ※メモ帳を管理者として起動する方法(Windows 7 の場合)
    (1) デスクトップ画面の左下の アイコンをクリックし、[すべてのプログラム] - [アクセサリ] をクリックします。
    (2) リストから [メモ帳] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。
    ※「ユーザー アカウント制御」のポップアップが表示された場合は、[はい] をクリックして許可してください。
  2. 起動したメモ帳に「deployment.system.config=file\:///C\:/study/deployment.properties」と記述します。
  3. ツールバーの [ファイル] - [名前をつけて保存] をクリックし、「C:\Windows\Sun\java\Deployment」フォルダ内に「deployment.config」 と名前をつけて保存します。
    ※Sunフォルダ、javaフォルダ、Deploymentフォルダが存在しない場合は、手動でフォルダを作成してください。
  4. ツールバーの [ファイル] - [新規] をクリックし、新しいメモ帳を開きます。
  5. 開いたメモ帳に「deployment.user.security.exception.sites=C\:\\study\\exception.sites」と記述します。
  6. ツールバーの[ファイル] - [名前をつけて保存] をクリックし、「C:\study」フォルダ内に「deployment.properties」と名前をつけて保存します。
  7. ツールバーの [ファイル] - [新規] をクリックし、新しいメモ帳を開きます。
  8. 例外設定をしたいURLを記述します。
    例:スタディサーバへのリンク先URLが「http://192.168.11.100/student/index.html」の場合
    →「http://192.168.11.100」を入力します。
    ※複数のURLを登録したい場合は、改行して次のURLを記述してください。
  9. ツールバーの [ファイル] - [名前をつけて保存] をクリックし、「C:\study」フォルダ内に「exception.sites」と名前をつけて保存します。
設定の確認方法
  1. [コントロールパネル] を開きます。
    ※コントロールパネルの開き方 1(Windows 8.1 の場合)
    コントロール画面の左下の アイコンをクリックし、アプリ画面の一覧から [コントロールパネル] をクリックします。
    ※コントロールパネルの開き方 2(Windows 8.1 の場合)
    デスクトップ画面の左下の アイコンを右クリックし、[コントロールパネル] をクリックします。
    ※コントロールパネルの開き方 3(Windows 7 の場合)
    画面の左下の アイコンをクリック(もしくはWindowsキーを押下)し、[コントロールパネル] をクリックします。
  2. [Java] アイコンをクリックして、Javaコントロール・パネルを開きます。
    ※表示方法が「カテゴリ」の場合は、[プログラム] - [Java] をクリックするとJavaコントロールパネルを開くことができます。
  3. Javaコントロール・パネルの [セキュリティ] タブに切り替えて、[サイト・リストの編集] ボタンをクリックします。
    ※[ブラウザでJavaコンテンツを有効にする] にチェックが入っていない場合は、チェックをいれてください。
  4. 「例外サイト・リスト」に 設定方法 の手順8で指定したURLが表示されていることを確認してください。
拡張子の表示方法
  1. [コントロールパネル] を開きます。
  2. [フォルダー オプション] をクリックし、フォルダーオプションを開きます。
    ※表示方法が「カテゴリ」の場合は、[デスクトップのカスタマイズ] - [フォルダーオプション] をクリックするとフォルダーオプションを開くことができます。
  3. [表示] タブに切り替え、「詳細設定」のリストから [登録されている拡張子は表示しない] を探し、チェックをはずします。
  4. [OK]をクリックします。

ページトップへ