動作環境情報

Java VM のダウンロードと設定方法

■Java VM のダウンロードとインストール手順

(2015年09月)

  1. Internet Explorer で Java VM ダウンロードページ(http://www.java.com/ja/download/) を開きます。(クリックすると開きます)
  2. ダウンロードする Java VM のバージョンが現在動作確認できている最新の対象バージョン [ Version 8 Update 60 ] であることを確認し、3.に進んでください。
    ※JRE1.6.0_45 をダウンロードしたい場合は、下記の 対象バージョンでない場合(Java SE6の場合) に、動作確認済みの最新バージョンをダウンロードしたい場合は、下記の 対象バージョンでない場合(Java SE8の場合) に進んでください。
    JVM1.8.0_60
  3. [無料 Java のダウンロード]ボタンをクリックします。
  4. [同意して無料ダウンロードを開始]ボタンをクリックします。
    ※「実行または保存しますか?」のポップアップが表示された場合は、[実行] ボタンをクリックしてください。
    ※「次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可しますか?」ダイアログが表示された場合は、[はい] をクリックしてください。
  5. Javaセットアップダイアログの[インストール]ボタンをクリックします。
  6. [Askの検索アプリをInternet Explorerにインストール] のチェックを外し、[次へ] ボタンをクリックします。
    ※「Askの検索アプリ」はスタディライターに必要な機能ではないため、ここではチェックを外します。
    必要に応じてインストールを行ってください。
  7. インストールを完了のダイアログが表示されたら、[閉じる]ボタンをクリックします。
  8. 自動的にブラウザが再起動されJavaのバージョンの確認画面が表示されますので、[Javaのバージョンの確認] ボタンをクリックしてください。
    ※セキュリティ警告が表示された場合は [実行] ボタンをクリックしてください。
  9. 最新のバージョンが正常に設定されたか確認画面が表示されますので、確認後ブラウザを閉じてください。
対象バージョンでない場合(Java SE6の場合)
  1. http://www.oracle.com/technetwork/java/archive-139210.html を開き、ページの中辺りにあるJava SEのリストから Java SE6 をクリックします。
    Java SE 6 Downloads のリスト画面から Java SE Runtime Environment 6u45 までスクロールします。
  2. Java SE Runtime Environment 6u45 のリストタイトル部分の Accept License Agreement(同意する)をクリックします。
  3. Java SE Runtime Environment 6u45 のリストより、Windows x86 Offline の jre-6u45-windows-i586.exe をクリックしてダウンロードします。
    ※ダウンロードの際には ユーザ名・パスワードのサインインが必要ですので、サインインをしてから行ってください。
  4. ダウンロードした jre-6u45-windows-i586.exe ファイルをダブルクリックして、指示に従ってインストールしてください。
  5. インストールが完了のダイアログが表示されたら、[閉じる] ボタンをクリックして閉じてください。
対象バージョンでない場合(Java SE8の場合)※有効期限がありますので、有効期限に注意してください。
  1. http://www.oracle.com/technetwork/java/archive-139210.html を開き、ページの中辺りにある Java SE のリストから Java SE8 をクリックします。
    Java SE 8 Archive Downloads のリスト画面から Java SE Runtime Environment 8u60 までスクロールします。
  2. Java SE Runtime Environment 8u60 のリストタイトル部分の Accept License Agreement(同意する)をクリックします。
  3. Java SE Runtime Environment 8u60 のリストより、Windows x86 (32-bit) Offline の jre-8u60-windows-i586.exe をクリックしてダウンロードします。
    ※ダウンロードの際には ユーザ名・パスワードのサインインが必要ですので、サインインをしてから行ってください。
  4. ダウンロードした jre-8u60-windows-i586.exe ファイルをダブルクリックして、指示に従ってインストールしてください。
  5. インストールが完了のダイアログが表示されたら、[閉じる] ボタンをクリックして閉じてください。

ページトップへ

■スタディライター for Web で教材を開発される場合

  1. Java VM のローカルポリシーの設定を行います。設定方法は、以下のページをご覧下さい。
    http://www.study.gr.jp/download/vmchk/sunvmpro.html
  2. Internet Explorer の設定で、アクティブコンテンツの設定を行います。

    メニューバーの [ツール] - [インターネットオプション] を選択します。[詳細設定] タブを開き、以下の2つ項目を必要にあわせてチェックをオンにします。

    • CD-ROMのコンテンツ(教材等)を許可する場合
      [マイコンピュータでの、CD のアクティブ コンテンツの実行を許可する]
      既定ではチェックはオフで、セキュリティ制御機能が有効になっています。設定をオンにすることで、CD-ROMなどに収められているファイルで実行されるスクリプトやActiveX コントロールの自動実行を、ユーザーの操作を必要とせずに許可します。
    • HDD内のコンテンツ(教材等)を許可する場合
      [マイコンピュータのファイルでのアクティブ コンテンツの実行を許可する]
      既定ではチェックはオフで、セキュリティ制御機能が有効になっています。 設定をオンにすることで、ローカルコンピュータに収められているファイルで実行されるスクリプトや ActiveX コントロールの自動実行を、ユーザーの操作を必要とせずに許可します。

ページトップへ

■アプレット回答をプログラム作成される方

アプレット回答をプログラム作成されている場合は、以下の手順にしたがってJDKのダウンロードとインストールを行ってください。

  1. http://www.oracle.com/technetwork/jp/java/javase/downloads/index.html を開きます。
  2. JDKダウンロード] をクリックします。
    Platform で Windows またはWindows x64をご自身の環境に合わせて選択し、I agree to the Java ... をチェックして、Continue ボタンをクリックしてください。
  3. jdkの .exe ファイルのリンクをクリックしてください。
    [ファイルのダウンロード]ウィンドウが開いたら、[保存] を選択してデスクトップ等にファイルを保存してください。
  4. ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、指示に従ってインストールしてください。
  5. インストールが完了後、念のためにPCを再起動してください。

ページトップへ