動作環境情報

Internet Explorer 8 について

Internet Explorer 8 でのインタラクティブスタディの動作に関する情報

(2014年09月)
  • インタラクティブスタディ(スタディサーバ for Web Ver.3)での学習時、学習者用コンピューターで Internet Explorer 7 からアップグレードした Internet Explorer 8 を使用して学習している場合に、Internet Explorer 8 が終了してしまう現象が報告されています。
    この場合、Java VM をアンインストールしてから再インストールすることにより、改善される可能性があります。
  • また、Java VM の再インストールで改善されない場合、インストールされている Internet Explorer 8 用のアドオンに原因がある可能性があります。以下の方法で確認を行ってください。
確認方法
  • Internet Explorer 8 を起動して、メニューバーの「ツール」-「アドオンの管理」を開き、「ツールバーと機能拡張」の中のアドオンのうち、Oracle America, Inc 以外の発行元の「有効」になっているアドオンを順に一つずつ「無効」にして、動作を確認してください。
    「無効」にした際に現象が再現されなくなるアドオンが、原因のアドオンです。
  • 原因のアドオンを使用する必要がある場合は、Internet Explorer 8 に対応している最新版を、古いアドオンをアンインストールしてからインストールしてください。Internet Explorer 8 対応版がない場合は、原因のアドオンのアンインストールをお奨め致します。

※Inetrnet Explorer 8 はインタラクティブスタディ (スタディサーバ for Web Ver.3) の動作環境対象ですが、Inetrnet Explorer 9 の使用をお奨めします。
※詳細は スタディサーバ for Web Ver.3 動作環境 をご覧下さい。
※Java VM のダウンロードと設定方法については、「Java VM のダウンロードと設定方法」 のページをご参照ください。

ページトップへ