~Topics~

■令和元年度 情報教育対応教員研修全国セミナー■
『未来の教室』セミナー 2019 in 京都 開催のご案内

 2020年度より実施される「新学習指導要領」の実現のためには、ICT環境整備が不可欠です。「柴山・学びの革新プラン」でも「質の高い教育の実現のための先端技術の活用の推進」が明示されています。
本セミナーでは、協働的な学びの先駆者である同志社女子大学の余田義彦教授と、教育の情報化を牽引されている信州大学の東原義訓教授の両先生を中心に、各地で先導的な役割を担っておられる先生方を講師に加え、これから必要となる主体的・対話的で深い学びの実現に向けたICTの効果的な活用方法や、プログラミング教育、遠隔教育、個別最適化など、幅広いテーマで、ご講演や実践発表、ワークショップを行います。
また、パネルディスカッションでは『7+4から始まった個別最適化と先端技術の活用』と題し、様々な視点から、これからの学びに向けた取り組み指針を、豊富な実践経験を持つ先生方に示していただきます。
いよいよ始まる新たな学び、ぜひこの機会にご参加いただき、皆様の取り組みの一助となりますよう、ご案内申し上げます。

日時 2019年8月3日(土) 10:30 ~ 17:00 (情報交換会 18:00 ~)
会場 同志社女子大学 今出川キャンパス 純正館
〒602-0893 京都市上京区今出川通寺町西入
http://www.dwc.doshisha.ac.jp/access/imadegawa/
主催 一般社団法人 日本教育情報化振興会(JAPET & CEC)
共催 日本教育工学協会(JAET)
後援 文部科学省
総務省
経済産業省
京都府教育委員会
兵庫県教育委員会
奈良県教育委員会
和歌山県教育委員会
滋賀県教育委員会
協賛 シャープマーケティングジャパン株式会社
協力 近畿情報教育ネットワーク
参加費用 無料
募集人数 40名
申込方法 以下のいずれかの方法で、7月31日(水)までにお申し込みください。
※定員になり次第、申し込み受付を終了させていただきます。
  1. 詳細案内をダウンロードし、参加申込書に所定事項をご記入の上、
    FAX または E-mail にて お申し込みください。
    詳細案内をダウンロードする(PDF形式:966KB)
  2. または、申込みフォームにて お申し込みください。
    申込みフォーム を開く
タイムテーブル
10:00 ~ 10:30 受付開始
10:30 ~ 10:40 開会挨拶 一般社団法人 日本教育情報化振興会
10:40 ~ 11:40 基調講演 個別最適化された学びの実現に向けて
 ~スタディ・ログの活用~
信州大学 教授 東原 義訓 先生
11:40 ~ 12:00 教材研究 個別最適化学習の体験
シャープマーケティングジャパン株式会社
12:00 ~ 13:10 昼休憩
13:10 ~ 14:00 実践事例1 多様性に触れ、考えを深める 遠隔合同授業
喬木村教育委員会 教育支援員 北村 洋志 先生
実践事例2 先進的ICTを活用した全職員での2020年の学びの実現
つくば市立みどりの学園義務教育学校 校長 毛利 靖 先生
14:00 ~ 15:50 講演 ICTを活用したアクティブラーニングとスタディノート
同志社女子大学 教授 余田 義彦 先生
ワーク
ショップ
(タブレット実習)
アクティブラーニングを取り入れた学習のコース設計
 タブレット、思考ツール、マップの活用
余田 義彦 先生、毛利 靖 先生
15:50 ~ 16:30 パネルディス
カッション
7+4から始まった個別最適化と先端技術の活用
東原 義訓 先生、北村 洋志 先生、丸山 福一 先生
毛利 靖 先生、久保 豪史 先生
16:30 ~ 17:00 16:30 ~ 17:00 閉会挨拶

※18:00より、情報交換会(参加費3,000円)を予定しています。よろしければご参加ください。

※近畿情報教育ネットワークとは、コンピュータ教育利用についての授業実践報告や活用情報などの情報交換を行う目的で、先生方が主体となって運営している組織です。

※シャープマーケティングジャパン株式会社は、一般社団法人 日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)より、本セミナーの事務局を委託されております。

※「スタディノート」はシャープ株式会社の登録商標です。その他、記載されている商品名は各社の商標または登録商標です。