教育学習支援システム 基礎的・基本的な知識の習得と主体的な学習活動を支援します。

教育学習支援システム イメージ

●一人ひとりの子どもにとって「わかる」学習を支援
インタラクティブスタディが子どもたちの理解状況を判断し、その子に適した学習内容・補充に導きます。 子どもたち一人ひとりにとって、自分のペースで「わかる」学習が行えます。
●「人と人との相互作用」による学び合いと個別指導
子ども同士の触れ合いや、子どもと先生の直接の触れ合いによる「人と人との相互作用」を重視。
●主体的な学習活動を育成
診断・補充により最適な学習内容への分岐が行えるので、自分で考え判断し、学習課題をクリアする成功経験を積むことができます。これにより、自ら進んで学習する能力を育成する事が出来ます。

一人ひとりの理解状態に応じた学習ができます。

1.一人ひとりが診断問題を解いていく。2.間違えたら、コンピュータが自動判断する。3.個のつまづいている部分に焦点をあてた指導コースに進む。4.出来るようになったら次へ進む。

    誤答傾向や目標の達成状況に応じた分岐が行えます。

ページトップへ

学習履歴から、クラス全体や一人ひとりの理解状況を細かく把握できます。

先生は、学習の過程で蓄積された学習履歴を先生用コンピュータを使って確認することができ、クラス全体や子どもたち一人ひとりの学習目標の達成度を確認でき、タイミング良く適切な個別指導が行えます。

1.学習目標ごとの理解状況を把握できます。2.学習目標のグラフから、個人別の理解度を確認できます。3.注目したい個人を指定すると、その子どもの理解状況を確認できます。4.理解状況を確認して個別指導が行える。

ページトップへ

  • スタディサーバ for Web
  • スタディサーバ EX
  • スタディライター for Web